本文へスキップ
長野県塩尻市〜長野市
  軽井沢の西にある信州追分宿から始まり北越に向かう北国街道。追分から長野までは善光寺への最経路となるので、北国街道は善光寺道または善光寺街道とも呼ばれます。
  ところが、それよりも西に善光寺街道はもう一筋あるのです。中山道洗馬宿から分岐し、塩尻桔梗ケ原、松本、築北の山間を往く北国街道西脇往還(西街道)です。京洛や上方の人びとには、善光寺に参詣する近道だったので、こちらが親しみのある「善光寺街道」です。
  【写真は:善光寺街道稲荷山宿の街並み】 中央は姨捨山(冠着山)
北国街道西脇往還は善光寺道  

  北国街道西脇往還(北国西街道)は1614年、松本藩によって制定され、大きな費用と労力をまかなって道路の開削と宿駅の整備ないし建設が進められました。この街道建設には、藩主小笠原秀政のしたたかな交通=経済戦略が見え隠れしているようです。
  というのは、その1、2年後には、徳川幕府は中山道を木曾から牛首峠を越えて小野宿経由の道筋から、塩尻回りに下ノ諏訪にいたる経路に変更することを決定したからです。塩尻近辺の街道開削と宿駅建設。整備の実務は幕府によって松本藩に命じられることになります。


北湖街道西往還(善光寺街道)郷原宿▲


善光寺街道松本宿中町通り▲

  それまでにもすでに松本藩には中山道和田峠の街道開削普請や冬季の除雪などの作業が割り当てられていて、小川原公は莫大な出費に苦悩していました。しかし、転んでもただでは起きない小笠原公は、大久保長安病臥〜死去前後の幕閣の権力闘争に巧みに割り込んで、中仙道の経路変更という結果を引き出しました。
  北国西街道は洗馬宿から始まり北に向かいます。つまり、中山道木曾路の宿駅贄川の先に本山宿と洗馬宿を建設する――あるいは建設しつつある本山と洗馬を中山道の宿駅に組み込む――計画が見込めるからこそ、かぜん西街道の建設に物流=経済上の効果と成果が期待できるのです。
  莫大な出費を強いられ、せっかく西街道をつくるのなら、中仙道と直結させる方が物流=経済をめぐる藩の権益と収益は格段に増加し、藩都松本の商業上の地位は飛躍的に上昇する……こういうもくろみがあっただろうということです。藩財政の破綻のリスクを負っての、長期的な視野での冒険事業でした。
  もっとも、この時代、どこの藩も幕府から江戸城やら藩江戸屋敷の建設、各地の河川改修など(天下普請)を命じられていて、藩財政は著しい危機状態にありました。しかし、一方で平和の時代の到来で空前の経済成長が進展していたので、将来への期待に満ちていたのですが。
  その冒険はきわめてすぐれた先見の明によるもので、街道建設事業の結果、松本藩領では中山道、北国西街道、千国街道、三州街道、野麦街道(飛騨街道)が縦横に連絡し、日本内陸部でも飛び抜けた交通・物流の要衝になりました。⇒信州の街道絵地図


戸隠神社奥社(参道)を訪ねる

錦秋の兆しが現れた高原の深い山林のなかを往く奥社参道を歩きながら、往古の姿に想いを馳せる。
古い修験場を取り巻く自然環境・植生のなかに身を置いてみよう。

奥社の背後に迫る戸隠山

記事を見る

奥社参道を歩く(続き)

奥社参道の随神門を過ぎると、風景は一変する。樹齢400年近い杉の老巨樹が参道の両側を取り囲んでいる。
人間のちっぽけさを実感し、自然に対して謙虚な気持ちになる。古の人びとが山や森を畏怖崇敬した心が理解できそうだ。

樹齢400年近い老杉の参道並木

記事を見る

戸隠神社中社かいわいを歩く

民芸品店や宿坊・旅館が両側に並ぶ中社前通りの急な坂道をのぼり、集落の景観を楽しむ。
明治初期からの宿坊時代の趣きを残した古民家が印象的な集落だ。

中社前通りの急坂をのぼる

記事を見る

戸隠神社中社かいわいを歩く その2

中社に近づくと、古い宿坊の面影を残した古民家が目立ってくる。 集落の様子を眺めながら大鳥居をくぐり、中社の境内と社殿群をめぐる。

樹齢400年近い老杉の参道並木

記事を見る

中社前横大門を歩く

中社近傍の宿坊は、神仏分離政策で明治初期に奥社(奥の院)大門通りから移転させられたもの。 数奇な歴史を背負う宿坊は時代に応じて変貌してきた。集落の農家も宿坊のように重厚で広壮な結構の古民家を保っている。

かつては宿坊だったか。立派な農家古民家。

記事を見る

中社前横大門を歩く その2

古い宿坊建築がしだいに消え去ろうとしている。横大門地区をめぐり、今も残る伝統的な宿坊集落の姿を探し回る。 古い宿坊の姿に心癒されるのはなぜだろうか。

神社仏閣のように重厚な宿坊の造り

記事を見る

戸隠神社宝光社を訪ねる

戸隠神域の入り口にある宝光社は、女性や高齢者の参詣ために建立された宗教施設だ。
しかし、5基の石段で270段以上ものぼる急坂の上にある。とはいえ、なだらかな坂の参道も用意されている。

長い石段の上にある宝光社拝殿

記事を見る

火之神子社を訪ねる

戸隠山顕光寺に属していた神社とは独立の起源と歴史を持つ火之神子社。
祭神は、神話物語の戸隠と関係しているが、記録がなく、本来の由縁はわかっていない。

火之神子社の拝殿

記事を見る

宝光社から神道を歩く

飯綱山の一の鳥居から奥社まで7キロメートル続く戸隠古道(古参道)のうち、神道と呼ばれている、宝光社から中社までの1.5キロメートルを歩く。
深い森を往く小径で森林浴をしてみよう。

深い山林を往く神道

記事を見る

次の記事を読む

 
善光寺街道を体験する

信州の街道絵地図

  • 信州を通る諸街道を知る
  • 中山道、北国街道、甲州街道など

善光寺街道の宿駅絵地図

  • 中山道洗馬宿から善光寺まで
  • 街道の宿駅を一覧できる
信州まちあるき

別所温泉と塩田平

別所温泉と塩田平を特集

木曾路をめぐる旅

妻籠と馬籠を特集

奈良井まちあるき

木曾路・奈良井宿を特集

  • 木曽路、奈良井の歴史散歩
  • 街並み景観見て歩き
  • フォトギャラリー など