本文へスキップ
長野県諏訪郡下諏訪町
 
 
春宮の社殿めぐり  

▲参道の下馬橋、その背後に鳥居を望む

  大門通りを北に上ると春宮前に下馬橋がある。太鼓橋と呼ばれる大きなアーチを描く木製の橋だ。橋の上には神殿風の切妻屋根が被せられていて、前後の冠木に大きな注連縄が飾られている。祭りのときの神輿だけがこの橋を渡渉できるのだという。
  正面の鎮守の森の西脇(左側)を砥川が流れ下り、東脇(右側)を旧中山道が下ってくる。

▲春宮の幣拝殿は左右の片拝殿を連結する。秋宮とよく似た造りになっている。

■境内の拝殿と境内社など■

◆春宮と秋宮との相似性◆

  諏訪大社下社の春宮と秋宮は神楽殿と拝殿ならびに宝殿の造りと配置がよく似ています。相似的に造られているのだそうです。
  拝殿の内奥にある2つの宝殿の背後に神木があるのも、同じです。ただし、春宮の神木は杉で、秋宮の神木はイチイだという点が違っています。
  そしてすでに見たように、春宮は、秋宮よりもコンパクトに造られています。秋宮に比べると境内にある摂末社もかなり少なめです。
  同じ諏訪大社下社ですが、秋宮と比べて春宮はとても静謐な境内の雰囲気です。山のなかの神社という感じがします。


▲「結びの杉」と呼ばれる巨木(中央右手)

  ところで、春宮の幣拝殿や神楽殿が向いている方向は、秋宮とは異なっています。秋宮拝殿は諏訪湖の北西端を向いているに対して、春宮拝殿は諏訪湖の中心部を向いています。湖の対岸の上社本宮を望む角度かもしれません。
  他方で、上社本宮の拝殿は春宮とは反対向きに湖の中心を向いていて、下社春宮を望む角度ともいえます。そして、上社前宮は下社秋宮の拝殿と正反対の方向――八ヶ岳の中心――を向いているようです。

◆中山道と砥川の間の森の中◆


▲砥川から水路で用水を分流する

  春宮は、砥川がつくった谷がようやく終わり、諏訪湖に向かって扇状地が開け始めた地点にあります。境内の左右と背後に山林が広がっています。街並みは春宮の手前で途切れます。
  春宮は山裾の谷の底にあって、東西両側には尾根筋が張り出していています。谷筋の底には水が集まって渓流を形づくっています。
  それが砥川で、春宮の西脇を流れ下っています。そして、砥川を見おろす東脇の尾根の中腹を旧中山道が通っています。
  こうして、春宮は川と街道に挟まれ、森に取り囲まれているのです。


▲春宮の脇で砥川の河床は一気に広がる

  春宮を境に砥川は谷川から平原の川に姿を変えます。谷のなかの狭い河床が一気に広くなります。ここから諏訪湖に注ぎ出す河口まで2.5キロメートルほどです。

  そんな春宮の境内には、神楽殿の奥に左右の片拝殿を連結した幣拝殿を配し、神楽殿の西側に筒粥殿と子安社、東側に若宮社と諏訪社が置かれています。


横幅が狭く、まるで巨大な神輿のようだ

右片拝殿

左片拝殿

神楽殿の右脇には境内摂末社
向かって右側が末社の上諏訪社、左が摂社の若宮社で、説明板に祭神が記されている。

境内西側にある筒粥殿

筒粥殿の北隣には子安社

社宝庫か?

神饌授与所と社務所

旧街道から春宮に降りる小径

春宮の東側の山腹
中央部の落葉樹林に慈雲寺参道石段がある

春宮の脇を下る旧中山道


▲春宮がある高台からの上諏訪方面の眺め この日は富士の山影が見えた(画面中央)

▲晩秋の春宮境内 静謐が漂う

下諏訪街あるき情報

下諏訪街あるき絵地図

  • 下諏訪の観光スポットの案内
  • 下ノ諏訪宿の街歩きのガイド

竜の口・大門口の石段参道

  • 旧中山道沿いの石段は慈雲寺の参道
  • 参道沿いのお堂や祠を訪ねる

春宮かいわいの散策

若宮社と鎌倉街道

  • 最近再建された若宮社を訪ねる
  • 鎌倉街道を再現した遊歩道をたどる

太古の下諏訪の地形変動

  • 諏訪湖北岸~北東岸の地形変動を想像する
  • 断層崖と河岸段丘が複合した地形の謎を探る
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

  小布施まちあるき

  別所温泉まちあるき

  塩田平をめぐる旅

  木曾路をめぐる旅

  信濃の仏塔めぐり

  前のページに戻る | 次のページに進む |