本文へスキップ
長野県諏訪郡下諏訪町
 
 
浄土宗の寺院  

▲来迎寺の本堂の高い屋根 国道142号からのぼる参道

  旧中山道沿いの街並みから少し外れたところにある来迎寺。本陣岩波の先で旧中山道は国道142号と分かれて湯田坂を下り、春宮に向かいます。来迎寺は国道を100メートルほど北上したところにあります。
  ところで、「来迎」は「らいこう」または「らいごう」と呉音で読みます。仏教用語には呉音によるものが多いようです。
  来迎とは、浄土思想に関する仏教用語で、阿弥陀如来や仏陀、菩薩などが現生を旅だった人びとを「極楽浄土」に迎え入れることです。阿弥陀信仰では、念仏を唱えることで来迎を達することができると考えられているそうです。その語を寺院の名称につけたところは、いかにも浄土宗の寺に似つかわしいものです。

■創建の由来が不明な寺院■

  来迎寺は、京都の知恩院を本山とする浄土宗のお寺です。
  引接山聖聚院来迎寺というのが寺院の正式な名称です。寺にまつわる史料では、南北朝期の14世紀末にここに聖聚院という寺院があって、その後、来迎寺という名称に変わったとか。

  しかし、それよりも以前の来歴を記した史料はないようで、草創や由緒はわかりません。
  それがやがて16世紀半ば頃に、栄海上人が衰微したこの寺を再興したそうです。そのさいに開基役を担ったのが、諏訪大社下社の大祝家門の一族、諏訪右衛門尉だといいます。

  この寺の北東の山腹高台には、中世に金指家が築いた城砦があり、この寺は城砦から続く斜面の崖下に位置します。ということは、城の南西の鬼門を鎮護する寺院だった可能性もあるわけです。

◆和泉式部に関する言い伝え◆

  境内には、有名な銕焼かなやき地蔵菩薩を納めてある地蔵堂があります。
  この地蔵菩薩には和泉式部にまつわる伝説が残されています。和泉式部といえば、1000年ほど前に宮中で活躍した和歌に秀でた美貌の才女。大江雅致の娘ということになっています。
  伝説では、大江雅致が下諏訪に旅したときに才能と美貌の童女を気に入って養女にしたとか。
  その童女は幼名を「かね」といって、湯屋を管理する役人宅に仕え、ここの地蔵様を深く信仰していました。ところが、仲間に妬まれて告げ口され、役人の妻にひどく折檻され焼け火箸で額を傷つけられてしまいました。
  かねが地蔵様の足元に伏して泣き悲しんでいると、額の傷が消え、代わりに地蔵様の額が傷つき出血していたとか。大江雅致は地蔵様に救済されたかねを気に入ったのです。

  明治の初期には、この寺は学校教育の場となっていました。そのせいか、恒例の仏事のほかに、月例の集いが盛んにおこなわれています。毎月1日には写経会、14日には御詠歌の学習会、24日には地蔵奉賛会の研修、月末には裏千家指導で伝声の茶道教室が開かれているとか。


国道から分かれて石畳の参道を登る

山門は薬医門

本堂横の庫裏

銕焼地蔵菩薩が安置された地蔵堂

本堂の裏手には墓地がある

墓地の下を国道が通る

下諏訪街あるき情報

下諏訪街あるき絵地図

  • 下諏訪の観光スポットの案内
  • 下ノ諏訪宿の街歩きのガイド

竜の口・大門口の石段参道

  • 旧中山道沿いの石段は慈雲寺の参道
  • 参道沿いのお堂や祠を訪ねる

春宮かいわいの散策

若宮社と鎌倉街道

  • 最近再建された若宮社を訪ねる
  • 鎌倉街道を再現した遊歩道をたどる

太古の下諏訪の地形変動

  • 諏訪湖北岸〜北東岸の地形変動を想像する
  • 断層崖と河岸段丘が複合した地形の謎を探る
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

  小布施まちあるき

  別所温泉まちあるき

  塩田平をめぐる旅

  木曾路をめぐる旅

  信濃の仏塔めぐり

  前のページに戻る | 次のページに進む |