本文へスキップ
長野県北安曇郡小谷村
松沢の谷間

  前山百体観音を過ぎて南下する小径は、県道433号に合流したところで消えています。そこで、いったん栂池高原スキー場集落の南端を往く千国北城線に沿って探索し、松沢峡谷に降りていく古い道を探すことにします。
  すると、100メートルほど南に進んだところ、栂池村営社会体育館の南側で「塩の道」の標示を見つけました。谷斜面を松沢の旅館街に下っていく草の道です。


小谷村の南端、松沢峡谷(栂池パノラマ橋からの眺望):右手の尾根を越えると白馬村▲


▲森に縁どられた松沢峡谷:その奥は栂池高原スキー場

▲勝沢峡谷を一跨ぎする栂池パノラマ橋

         

■松沢峡谷を往く■

◆塩の道の痕跡を追う◆

  古い塩の道はスキー場集落を南に流れ下る沢(松沢の支流)に沿って谷を降りていくようです。松沢峡谷に向かって下っていく、この塩の道は、草に覆われた幅1.5メートルほどの小径です。この小径は、栂池パノラマ端に連絡する舗装道路をU字カーヴを描いて横切った後、林のなかを下り、やがて旅館松沢荘の脇に出ます。そこで千国北城線に合流します。
  おそらくそこからは千国北城線に沿っていくのでしょう。
  松沢峡谷は、その名のとおり栂池高原から始まって姫川に注ぎ込む松沢が削り出した谷間です。そこには水田地帯が広がっています。谷の東側を縁取る尾根を越えると白馬村に入ります。


▲旅館 松沢荘:古民家の結構を保っている

▲道を挟んで松沢荘の蔵

  写真取材中に偶然、松沢荘の大女将と出会い、お話を伺うことができました。旅館を経営している松沢家は、明治前期まで千国街道の牛方宿を営んでいた旧家でした。今でも蔵のなかには古文書が山のように保存してあるそうです。
  この千国街道の歴史や千国の郷土史を研究する人は、ぜひ松沢荘を訪ねて古文書を紐解いてみるべきでしょう。
  谷を下り切ると、道脇に小さなお堂があります。これが松沢薬師堂です。石仏群に囲まれたお堂です。松沢荘のお婆さんによると、この薬師堂は大変に霊験あらたかな薬師様が祀られていて、近隣の人びとが病気やけがの平癒を願うと、必ずかなったそうです。
  信州では薬師堂があるところには古代、真言密教の大寺院と修験場があった場合が多いようです。今ではその痕跡はありませんが、あるいは源長寺の前身がそれだったのかもしれません。


▲小径の脇に立つ小さなお堂

▲見知脇からの様子

▲お堂の名犬をのぞき込んでみよう▼

▲薬師堂の内部の様子

▲古民家造りを残した民宿「山西館」

  栂池高原スキー場のゲレンデは、松沢旅館街の前まで迫っていますが、この草原は昭和前期までは茅場でした。ここで育てた茅を刈り取って乾燥させ、屋根に葺いたのです。


「塩の道」の標示。その向こう側は深い沢谷。

樹林の陰を下っていく旧街道

右にU字形にカーヴして舗装道路を横切り、谷を下っていく

塩の道。樹林の向こうは栂池高原スキー場の集落

塩の道の標示。矢印とは逆に谷に降りていく。

林のなかの小径を歩いて下る

60メートルほどで旅館街に出るはず

林が途切れて、集落に出た

石仏群の背後に松沢薬師堂

薬師堂脇の石仏群

今はスキーゲレンデだが、昔は萱場だったという

|  前の記事に戻る  ||  次の記事に戻る  |

 
善光寺街道を体験する

麻績宿近隣の寺社めぐり

信州の街道絵地図

  • 信州を通る諸街道を知る
  • 中山道、北国街道、甲州街道など

善光寺街道の宿駅絵地図

  • 中山道洗馬宿から善光寺まで
  • 街道の宿駅を一覧できる
信州まちあるき

別所温泉と塩田平

別所温泉と塩田平を特集

木曾路をめぐる旅

妻籠と馬籠を特集

奈良井まちあるき

木曾路・奈良井宿を特集

  • 木曽路、奈良井の歴史散歩
  • 街並み景観見て歩き
  • フォトギャラリー など