本文へスキップ
長野県北佐久郡
立科町~佐久市
 
 
創建年代は不明


▲春の陽を浴びる社殿:境内は緑地公園になっている

  茂田井集落から無量寺に向かう小径を歩くと、左手(東側)に神社の境内が見えてきます。これが諏訪神社です。境内には桜やイチョウの古木があって、のどやかな雰囲気です。


▲社殿前の鳥居:社殿は本殿の蓋殿と神楽殿を兼ねているという

  信州の農村と街の集落の多くには諏訪神社が祀られています。諏訪大社が「信濃の国一之宮」と位置づけられているからでしょうか。ことに塩尻以東の中山道の集落のほとんどに諏訪神社があるようです。
  やはり、中山道和田峠の麓、諏訪湖の畔に諏訪大社があって、下ノ諏訪宿の要となっているので、街道伝いに祭神として建御名方命を勧請分祀するのが容易だったからでしょうか。

■街中の憩いの場■


▲参道途中から大鳥居を振り返る

  諏訪神社は茂田井の街の中央部やや西よりにあって、境内は芝生が広がる緑地公園となっていて、まさに街中の憩いの場という感じです。
  参道入り口にある説明板によると、諏訪神社の創建年代は不明で、神社のことが記された一番古い記録は、天正年間(1588年)に当時の小諸藩主松平康国(芦田城主依田信蕃の子)が、蓼科神社の神官今井曽五郎にあてた書状だそうです。
  それによると、藩主家は諏訪社に神領を与えて厚く祀っていたようです。

  現在の社殿は、江戸時代末期近くの文化1年間(1818年)に茂田井の宮大工、田中圓蔵が建てたもの。蓋屋なかに収められた本殿は一間社流造で、周囲が全部見事な彫刻で飾られています。この社殿は現在は瓦葺きですが、建立当時は茅葺だったかもしれません。
  圓蔵は初代立川和四郎の弟子で、芦田の津金寺仁王門などの傑作を手がけたそうです。


▲蓋殿に収められた本殿

▲境内の様子


道路沿いの大鳥居:これが参道入り口

境内の奥に社殿が見える

社殿は拝殿、本殿の蓋殿、神楽殿を兼ねて一体化している

本殿は拝殿に覆われている

社殿脇には集落内の道祖神碑が集められている

蓋殿拝殿の内部

 
中山道を学び体験しよう

茂田井近辺のディオラマ

  • 個体間の宿近辺の地形が立体的にわかります。
  • ふるさと交流館「芦田宿」の展示です。

芦田宿近辺のディオラマ

  • 長久保から芦田までの立体地形がわかります。
  • ふるさと交流館の展示です。

立科町・芦田宿絵地図

  • 芦田宿近辺めぐりに役立ちます。
  • 上田や蓼科高原への連絡路を案内。

長久保宿街歩き絵地図

  • 長久保宿の街歩きを案内します。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

竪町の町屋資料館

  • 竪町で修復され資料館として公開されている町屋を探訪。
  • 内部の様子と展示資料を一瞥。

下和田めぐり絵地図

  • 和田宿から長久保宿までの道筋を案内。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

和田宿街歩き絵地図

  • 和田宿の中心部を詳しく案内。
  • 宿駅の前後の街歩きも案内。

和田宿の歴史絵地図

  • 中世城下町の時代からの変遷を説明。
  • 宿駅の発展の痕跡を訪ねる。

和田峠トレッキング案内絵地図

  • 和田峠めぐりするための絵地図。
  • 峠の史跡や名所をガイド。

和田宿近隣散策

  • 和田駅ステーションから
  • 和田宿温泉ふれあいの湯まで

中山道の歴史

  • 中山道に即して中山道の歴史を説明。
  • 幕藩体制と街道・宿駅との関係を考える。

中山道の町家造りの説明

  • 中山道宿場の町家造りの仕組みの解説です。
  • 街並み探索がもっと楽しくなります。

木曾路の絵地図

  • 木曾路のすべての宿駅を表示した絵地図です。
  • 木曾路一帯の名所や観光施設の案内に役立ちます。

中山道の絵地図

  • 京と江戸を結ぶ中山道(木曾街道)の絵地図です。
  • 東海道や日光街道、甲州街道、北国街道との連絡を図解。
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

奈良井まちあるき

小布施まちあるき

別所温泉まちあるき

塩田平をめぐる旅

◆ブログ風の記事案内を見る

|  前の記事に戻る  |  次の記事に進む  |