本文へスキップ
長野県小県郡
長和町和田
 
 
滅びた領主を偲ぶ寺


▲晩秋の信定寺 : 名物の紅葉カエデで彩られた鐘楼と本堂。

  古峰山麓にある信定寺。かつてこの場所あるいは近隣に和田庄の地頭、和田氏の居館があったと言われています。
  1553年、武田信玄に攻められて討ち死にした大井信定の菩提を弔うために、和田庄の有力者たちのイニシアティヴで建立された禅宗寺院です。創建運動の中心となったのは、在郷士族の上野、上原、遠藤、長井、羽田、境沢の6家――騎乗を許された士分で和田六騎と呼ばれた家門――だったとか。
  寺の山号は2つあって、ひとつは風越山、もうひとつは楞伽りょうが山。楞伽とは「卓越した寺院や伽藍」という意味を持つようです。

■和田氏の居館跡に建立された禅寺■

◆古い城下町の中心部◆

  16世紀(戦国末期)までは、下町から釈迦堂にかけての一帯に、中世以来和田郷を治めていた大井和田氏の城下町がありました。今、信定寺の境内となっているところが、その城下町の中心部で、この辺りに大井氏の居館があったと言われています。
  信定寺の裏手には古峰山が迫り、その長い尾根上に大井氏の砦群が連なっていました。

◆印象的な鐘楼◆


▲楼門風の鐘楼

▲いかつい大梵鐘

  私がこの寺を最初に訪れたときに最も感銘を受けたのは鐘楼です。じつに飄逸というか軽妙な趣と禅寺らしい重厚さが取り混ぜてある造りです。
  遠目から斜めに見ると、鐘楼は楼門のように見えます。ところが近づいてみると、横幅は十二脚楼門の3分の1ほどで、しかも細めの四柱で支えられた造りです。細身でむしろ華奢で繊細な趣を湛えています。
  そして屋根の上には細身の鯱が載せられています。その寺紋は変形の三階菱のように見えます。これは、和田大井氏が本家である佐久大井氏の家門の菱を変形して家紋としたためでしょうか。

◆数多くの文物◆


▲雲版と魚版 : 時報などの合図に打ち鳴らす

▲本堂内部の須弥壇など

  ところで、和田峠の下にある和田宿にあること寺は、近畿や中国筋の大名34家が参覲で通行しました。その多くが、信定寺を訪れたと伝えられています。
  その理由としては、この寺には数多くの寺宝・文物が保管されていたことがあるでしょう。
  そういう寺宝としては、釈迦如来坐像(仏師藤原教栄作)、釈迦堂の鐘とされる小梵鐘、山水六曲屏風、釈迦涅槃図、中国滴谷陳晴山の書、活紋禅師の七言絶句などが主なものです。
  住職によると、これらに加えて、鐘楼脇のカエデの晩秋の紅葉もまた名物のひとつだそうです。


本陣前から県道178号越しに信定寺を眺める

古くからの参道小路から見た鐘楼

境内から鐘楼を振り返る

この角度から見ると鐘楼は重厚な姿

端正な造りの本堂

本堂の奥には庫裏など▲▼



こじんまりした虚空蔵堂

本尊の釈迦如来坐像(出典:『和田村村誌』)

釈迦堂の鐘とも伝えられる小梵鐘(出典:同上)
 


 
中山道を学び体験しよう

和田宿街歩き絵地図

  • 和田宿の中心部を詳しく案内。
  • 宿駅の前後の街歩きも案内。

和田峠トレッキング絵地図

  • 和田峠めぐりするための絵地図。
  • 峠の史跡や名所をガイド。

和田宿の歴史絵地図

  • 中世城下町の時代からの変遷を説明。
  • 宿駅の発展の痕跡を訪ねる。

江戸時代の追川付近の街道

  • 路面地形の断面図で解説。
  • こんなにも街道交通は大変だった。

和田宿近隣散策

  • 和田駅ステーションから
  • 和田宿温泉ふれあいの湯まで

中山道の歴史

  • 中山道に即して中山道の歴史を説明。
  • 幕藩体制と街道・宿駅との関係を考える。

中山道の絵地図

  • 京と江戸を結ぶ中山道の絵地図です。
  • 東海道や日光街道、甲州街道、北国街道との連絡を図解。

信州の街道連絡絵図

  • 信州には多くの街道が通っていた。
  • 新旧の中仙道の経路を比較できます。

中山道宿駅一覧絵地図

  • 中山道のすべての宿駅を図示。
  • 中山道の旅を楽しもう。

中山道の町家造りの説明

  • 奈良井宿の町家造りの仕組みの解説です。
  • 街並み探索がもっと楽しくなります。

木曾路の絵地図

  • 木曾路のすべての宿駅を表示した絵地図です。
  • 木曾路一帯の名所や観光施設の案内に役立ちます。
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

奈良井まちあるき

小布施まちあるき

別所温泉まちあるき

塩田平をめぐる旅

◆ブログ風の記事案内を見る

|  前の記事に戻る  |  次の記事に進む  |