本文へスキップ
長野県北佐久郡
立科町芦田古町
 
 
中世晩期の城下町


▲芦田城跡の小山と山麓の古町

▲城址から見おろした古町

  芦田城は鎌倉時代に滋野系芦田氏が築城したものと見られます。信濃ではこの立科から上田小県地方から佐久地方にかけても小領主たちが割拠利して城砦を中心に支配圏域を形成していました。山麓の芦田川河畔に城下町集落がその頃から建設され始めたようです。
  ところが1488年、坂城の領主、村上氏が佐久地方に侵入し、その勢力下の依田氏(小県の領主)や米持氏(高井の領主)とともに芦田城を攻略し、芦田氏を滅ぼしたのだそうです。
  新たに芦田城主になった依田三郎光徳は、芦田城を整備し、山麓を流れる芦田川の対岸に居館を築き、芦田姓を名乗って領主となりました。

■端正な城跡遺構■

  芦田城跡が位置する小山は、麓の集落との標高差が最大で55メートルほどだそうです。形状は山頂部が円形で、中腹が長円形。
  かたちが整った山なので、郭の配置など築城の仕方がきわめて端正です。つまり、山頂の本丸(本廓)を平らにならしてあって、その周囲の腰郭こしくるわが同心円状に築かれて、山腹に階段上に配置されています。この端正な形の山城の構造は、依田三郎(芦田光徳)の代以降に築かれたものです。


▲北向きの展望台

▲腰郭が階段状に並ぶ

  さて、戦国後期になると武田家が信濃に勢力を拡大します。芦田家は武田の家臣となって各地の戦線で武功を上げたそうです。
  武田家が滅んだ後、芦田家は徳川家の配下となって佐久地方の平定統一に力を尽くし、徳川家から重用されたようです――豊臣政権の頃合いです。なかでも活躍したのが芦田信蕃のぶしげで、岩尾城攻めで戦死した後には息子が松平姓と康国という名を徳川家から与えられて小諸城主に任じられました。


▲本丸石塁の遺構

▲山頂の神社本殿

  芦田城跡がある小山の北西から西にいたる麓には芦田川に沿って集落が広がっています。
  この辺りから光徳寺辺りまでが古町で、鎌倉時代からの城下町の遺構のうえにある集落です。
  とはいえ、戦国時代までの古い街並みの痕跡はほとんど残されていないそうです。


▲光徳寺付近の集落

▲集落内の小径は古い時代からのものだろうか


竪堀の後が城跡への道となっている

本廓の直下の腰郭遺構が登り道

本廓を何段にも取り巻く郭

幅広の腰郭

本丸直下の腰郭 杉林となっている

頂上は本丸として平にならされている

神社の蓋殿。なかに本殿が安置されている。

城の麓の古町集落

芦田川沿いの古町集落

村のなかの小径

 
中山道を学び体験しよう

芦田宿近辺のディオラマ

  • 長久保から芦田までの立体地形がわかります。
  • ふるさと交流館の展示です。

立科町・芦田宿絵地図

  • 芦田宿近辺めぐりに役立ちます。
  • 上田や蓼科高原への連絡路を案内。

長久保宿街歩き絵地図

  • 長久保宿の街歩きを案内します。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

竪町の町屋資料館

  • 竪町で修復され資料館として公開されている町屋を探訪。
  • 内部の様子と展示資料を一瞥。

下和田めぐり絵地図

  • 和田宿から長久保宿までの道筋を案内。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

和田宿街歩き絵地図

  • 和田宿の中心部を詳しく案内。
  • 宿駅の前後の街歩きも案内。

和田宿の歴史絵地図

  • 中世城下町の時代からの変遷を説明。
  • 宿駅の発展の痕跡を訪ねる。

和田峠トレッキング案内絵地図

  • 和田峠めぐりするための絵地図。
  • 峠の史跡や名所をガイド。

和田宿近隣散策

  • 和田駅ステーションから
  • 和田宿温泉ふれあいの湯まで

中山道の歴史

  • 中山道に即して中山道の歴史を説明。
  • 幕藩体制と街道・宿駅との関係を考える。

中山道の町家造りの説明

  • 中山道宿場の町家造りの仕組みの解説です。
  • 街並み探索がもっと楽しくなります。

木曾路の絵地図

  • 木曾路のすべての宿駅を表示した絵地図です。
  • 木曾路一帯の名所や観光施設の案内に役立ちます。

中山道の絵地図

  • 京と江戸を結ぶ中山道(木曾街道)の絵地図です。
  • 東海道や日光街道、甲州街道、北国街道との連絡を図解。
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

奈良井まちあるき

小布施まちあるき

別所温泉まちあるき

塩田平をめぐる旅

◆ブログ風の記事案内を見る

|  前の記事に戻る  |  次の記事に進む  |