本文へスキップ
長野県小県郡
長和町古町
 
 
中世城下町の寺院


▲西蓮寺の参道入り口

       

  豊受大神宮は、西蓮寺と境内が隣接しています。というよりも、同じ境内にあるというべきかもしれません。明治維新までは両者は一体化していて、西連寺は豊受大神宮の別当寺だったかもしれません。

■「おたや」と呼ばれる神社■

  豊受大神宮は伊勢神宮の外宮で、伊勢神宮への飲食をまかなう神様なのだとか。神様の世界では伊勢神宮の「飲み友達」と言えるかもしれません。
  この神社の起源については、こう伝えられています。


▲石段参道の上、最上壇にある社殿

  平安時代の834年、皇女内親王が伊勢大廟の斎主になったことにともない、依田の庄が斎宮の御料地となったことから、伊勢からこの地に社を分霊して祀ったのだそうです。
  13世紀半ばには、地頭領主の海野小太郎が伊勢本宮に準じて、20年ごとに正遷宮の行事をおこなうようにしたのだとか。

  ということは、今ここに残されているのは外宮、豊受神宮だけですが、往古には伊勢本宮もあったはずですが、それがどうして豊受神宮だけになったのかについては、記録がないようです。

  ところで、信州では伊勢神宮またはその例祭を「おたや」と呼んで親しまれています。おたやとは、本来、「お旅屋」または「仮宿」と記すようです。神様が遷宮のさいに停泊する仮の社という意味なのだとか。
  この説に対して、伊勢渡会から地方に派遣して伊勢講を奨励組織した御師が宿泊した宿をだとする説もあります。


▲境内の池

▲石段の段位立つ大鳥居

  


神社への参道入り口

参道は盛蓮寺の横を通っている

石段をいくつものぼる参道

社務所:屋根の一部分が補修中

最上壇から境内・参道を見渡す

社殿:神明宮風の造りで交差した千木が印象的

社殿の正面:端正だが小さな社
 
中山道を学び体験しよう

長久保宿街歩き絵地図

  • 長久保宿の街歩きを案内します。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

旅籠「辰野屋」の家屋

  • 長久保宿辰野屋の町屋としての造りを探ります。
  • 町屋としてのつくり込みは中山道随一。

竪町の町屋資料館

  • 竪町で修復され資料館として公開されている町屋を探訪。
  • 内部の様子と展示資料を一瞥。

下和田めぐり絵地図

  • 和田宿から長久保宿までの道筋を案内。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

和田宿街歩き絵地図

  • 和田宿の中心部を詳しく案内。
  • 宿駅の前後の街歩きも案内。

和田宿の歴史絵地図

  • 中世城下町の時代からの変遷を説明。
  • 宿駅の発展の痕跡を訪ねる。

和田峠トレッキング案内絵地図

  • 和田峠めぐりするための絵地図。
  • 峠の史跡や名所をガイド。

和田宿近隣散策

  • 和田駅ステーションから
  • 和田宿温泉ふれあいの湯まで

中山道の歴史

  • 中山道に即して中山道の歴史を説明。
  • 幕藩体制と街道・宿駅との関係を考える。

中山道の町家造りの説明

  • 中山道宿場の町家造りの仕組みの解説です。
  • 街並み探索がもっと楽しくなります。

木曾路の絵地図

  • 木曾路のすべての宿駅を表示した絵地図です。
  • 木曾路一帯の名所や観光施設の案内に役立ちます。

中山道の絵地図

  • 京と江戸を結ぶ中山道(木曾街道)の絵地図です。
  • 東海道や日光街道、甲州街道、北国街道との連絡を図解。
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

奈良井まちあるき

小布施まちあるき

別所温泉まちあるき

塩田平をめぐる旅

◆ブログ風の記事案内を見る

|  前の記事に戻る  ||  次の記事に進む  |