本文へスキップ
長野県木曽郡木曽町
 
  江戸時代に木曾路全域を管轄する山村代官所が置かれた福島宿は、筑摩郡木曾地方の中心地でした。中山道の関所も設けられていました。
  ここは、木曾川の峡谷のなかでもその支流の黒川や八沢川が合流するところで、複合扇状地に尾根や丘陵が入り組んだ広い谷間をなしています。
巻頭写真は、本町上の段の街並み。
 
福島宿の歴史と地理  

  木曾福島は、古代から交通の要衝だった木曾谷のほぼ中央に位置していて、この地方の集落は長い歴史をもっています。山深い木曾には良質の木材など山林資源――城砦築城に用いられる戦略物資――も豊かです。とりわけ戦国時代には、天下の覇権をめぐる争いで戦略的な鍵となる位置を占めていました。


木曾福島の風景:この先の谷底を木曾川が流れ、その向こうに段丘が横たわる▲

深い峡谷を削り出した木曾川(南木曽町)▲

  『続日本紀』には、702年(大宝2年)に岐蘇山道きそのやまみちが、713年(和銅6年)に吉蘇路きそのみちが開通したと記されています。古代官道の東山道(岐蘇山道)は、木曾谷を通らず、美濃から神坂峠を越えて伊那谷へ抜けるルートだったといいます。神坂峠は険路ですが、ひとたび伊那谷に出れば、信濃の中央部(松本、塩尻、諏訪)への連絡が容易だったからでしょう。
  木曾川上流部の木曾谷――馬籠から藪原まで――は、古代大和王権が地方統治のために築いた国郡制では美濃国と信濃国との境界辺境にあって、当初は美濃国恵那郡に属していたようですが、国司のあいだで信濃国と帰属がしばしば争われました。領地争いは、鎌倉時代、室町時代、さらに戦国時代まで繰り返されました。
  木曽町では平安時代、農耕地や農村の開発が進み、大吉祖荘おおきそのしょう小木曽荘おぎそのしょう遠山荘とおやまのしょうといった荘園が点在していました。平安時代末期には木曾谷から源氏の遺児である源義仲(木曾義仲)が挙兵して平氏打破の先陣を切り、南北朝時代になると義仲の後裔を名乗る木曾氏が国人領主として長く当地を支配しました。
  木曾谷は国境の辺境にあったたため、その統治者は周囲の勢力均衡の錘の揺れにともなって振り子のように目まぐるしく立場を取り換えてきました。生き残りのために涙ぐましい努力を重ねてきたとも言えますが。

  木曾氏は1533年(天文2年)から、領地統治のため、後の中山道(木曾路)の原型となる軍道=街道整備をおこない、洗馬宿から馬籠宿までの宿駅を成立させたといわれています。険しい山岳に囲まれた峡谷各地の集落を結びつける道を築けば、域内の一体性を保つことは容易で、外部からの侵攻を防ぎやすかったのでしょう。
  木曾氏は天文から弘治年間に(1532〜1558年)かけて、福島城を拠点として木曾谷に統治圏域を広げ領地経営をおこないましたが、戦国時代に入ると武田信玄の木曾侵攻を受けて武田家に臣従し、嫡子義昌と信玄の娘真理姫とを婚姻させ、武田家一族衆に加わり立場を確立しました。
  ところが、1575年(天正3年)武田勝頼が長篠の戦で織田信長に敗れると、当主木曽義昌は1582年(天正10年)にいち早く織田家に与し、これが織田軍の信濃攻めの経路を用意して、武田家滅亡につながる大きな原因となりました。その後、木曾家は旧領安堵のうえに安曇郡と筑摩郡も与えられ、松本城(当時の深志城)の城主にもなっています。


▲山村代官屋敷跡(平山城の結構)。門と土塀は近年築かれたもの。

▲木曾福島本町上の段の丘上から市街地の彼方に中央アルプスを望む

  しかし、本能寺の変で織田信長が倒れると織田軍の諸将は自領に撤退したため、越後の上杉景勝が南下し松本城も落城、義昌も木曾まで退き、徳川家に与して上杉家、小笠原家と対峙することになりました。1584年(天正12年)には小牧・長久手の戦いで、天下の覇者になった豊臣秀吉に与して徳川家と対立しました。ところが、和睦後に徳川家に臣従し、その後、家康にしたがって上総国阿知戸(現在の千葉県旭市)1万石に移封されました。

  その後、木曾氏は一族の内紛で改易となるのですが、その家臣だった山村氏は、関ケ原の戦いの際に木曾路で先陣を務め、徳川秀忠の進軍を手助けした功で木曾を支配する代官となります。
  1615年(慶長20年)の大坂の陣で豊臣家滅亡後には、木曾谷は尾張藩領となり山村氏は尾張藩家臣(尾張藩の支藩のような格付け)として扱われ――ただし幕府に対して中山道木曾路の経営について引き続いて直接報告義務を担う――、引き続き代官職を歴任することになりました。
  山村氏が率いる代官所が置かれたのが福島宿で、木曾谷随一の軍事的要衝であることから関所と一帯の統治行政を担う役所が置かれ、その一帯には山村家の城下町のような位置づけで集落が発展しました。代官屋敷は城郭のような規模と体裁を備えていたそうです。また、福島の周りには、過去の統治や戦の拠点となった城砦の遺構廃墟がいくつも残されています。

■福島宿本町上の段の街並み■


▲中山道沿いの七笑酒造(明治期の創業)

  木曾福島は明治以降も木曾谷の経済や行政の中心地であったため、高度経済成長の影響も大きく、その分街並みの「近代化」が進み、――残念ながら――古い街並みはわずかしか残されていません。それでも、懐かしい旧街道の面影を探すなら、中山道沿いに歩いて、本町上の段を歩くのがおススメです。
  散策上のランドマークは、明治期に創業した七笑酒造の古民家店舗で、それを過ぎて最初の辻を左(南)に曲がります。すると、高札場跡の広場があって、それは藪裏清水――「やぼら(やぶら)しみず」と読む――公園と呼ばれています。さらに南に進むと河岸段丘上にのぼる坂道となります。
  中山道は、外様の西国の有力藩主も参覲のために軽武装の家臣を引き連れて通るわけで、幕府との直属関係を維持していながら尾張徳川家支藩の城主のような地位にある山村家の城砦直下に宿泊することもあったのです。
  木曾福島は、木曾川が刻み込んだ深い谷に3本の大きな支流――黒川、八沢川、熊沢川――が流れ込んで形成した扇状地が複合した盆地をなしています。福島宿の街並みは、木曾川と八沢川に挟まれた河岸段丘上にあって、木曾川沿いに西進してきた中山道が南転して曲がりくねりながら、関山の尾根に連なる最上段段丘を越えて八沢川の谷間に下る道筋が中心となっていました。
  この街道宿駅の構造は、福島がまさに山村家の城下町であって、河川と段丘を利用した惣構えとして建設されたことを物語っています。つまり、宿場街の南北西を深い峡谷の河川で防御し、東に対しては起伏に富んだ街道に迫る尾根斜面と桝形で防備を施す、という造りなのです。
  山村代官屋敷は、本町と木曾川を挟んだ対岸の山裾――収益を見おろす位置――にあります。代官所脇には山村家家臣団の武家屋敷や徒士長屋などがあったはずで、それと関所とで挟む形で街道を監視していたのでしょう。


▲急な坂道を振り返る

▲上の段の高札場

◆上の段を歩く◆

  中山道は、ふたたび西に曲がりながら「上の段」と呼ばれる河岸段丘最上段にのぼっていきます。直角に近い道に屈曲と高低差で桝形のような防御結構を形づくっていたものと思われます。街道では桝形は本来、宿場の両端に設けられるものです。ところが福島では、惣構え城下町の桝形のような位置づけです。
  宿駅の本陣はここよりも東に150メートルほどの上町にあったのですが、本町も商業の中心部だったうえに山村代官の「城下町」の中枢――代官屋敷直下の街区――をなしていたため、軍事的防御の観点から屈曲した道なりになっているのでしょう。「本町」という名称から、ここに街道での貨物・旅客運搬の継立て業務を担う問屋や旅籠があったのかもしれません。
  上の段の街道沿いには、いまでも木曾路に特有の棟入様式の出梁造りの町家古民家が軒を連ねています。


▲木曾路の古民家町家の造りが明瞭

  上のグーグルマップからわかるように、中山道と宿場町は山村代官所と距離を置いて南下する経路になっています。宿駅としての本町街区も本陣も、代官屋敷とは谷を隔てて向き合う形になっています。
  それというのも、福島の街には関所が置かれ、幕府直轄地としての中山道を治める代官山村家がいわば城主のような――城主に準じる格付けで――振る舞っていたがゆえに、街が城下町でもあり宿駅でもあるという複雑な性格をもっていたからだと思われます。

  江戸時代、幕府は地方大名藩主の参覲の旅を義務づけました。大名は宿駅で本陣に宿泊するのですが、武家諸法度によって宿場を自らの軍旅の陣営として防御・警戒しなければなりませんでした。すなわち、本陣の周囲の警護や宿場の両端の桝形に番兵を配して警戒することを求められていました。
  ここでは、山村家の政治的・軍事的役目と参覲藩主の軍事的義務とが短時日ではあっても出会い交錯・対峙していたのです。街の構造には、そういう緊張感が漂っていたのでしょう。
  本町上の段の標高は代官屋敷よりも低いので、代官屋敷の内部構造――建物や人員の配置――を見ることはできません。城砦防衛上の機密は読み取られることはないのです。
  こういう独特の緊張関係をともなう街の構造は、城下町の街道で参覲藩主が通り宿泊する宿場によく見られます。たとえば、北国街道の小諸宿(小諸藩城下町)とか上田宿(上田藩城下町)がそうです。
  中山道が城砦のような山村代官屋敷に近い木曽川河畔の道筋――当時すでに街路と街並みがあった――を外れて、わざわざ高低差の大きな段丘をのぼり下りする曲がりくねった道筋になった背景には、そんな事情があったのではないかと推察しています。


▲街道はこの先で直角に左折する

▲下り坂の中ほどキソキソの前で振り返る

  さて、家並みが両側に並ぶ街道を100メートルほども歩くと、ふたたび道はほぼ直角に左折して下りになります。下り坂は20メートルほどでまたまた右折して八沢川の谷間に降りていきます。この曲がり角には古い井戸の跡が保存されています。   街道の曲がり角にはそれぞれ、人ひとりがようやく通れるような細い小径がつながっていて、家々のあいだの抜け道となっています。そんな小径を歩いてみるのも福島街歩きの楽しみのひとつです。


▲八沢川の渓谷


旧街道を関所資料館から西に歩いて酒造の倉庫前で左折する

高札場跡:藪裏清水公園となっている


古民家風本棟造りのレストラン

土蔵造りの古民家も並ぶ

街道は段丘をのぼっていく。巨大な桝形をなしているようだ。

道幅は往時よりも倍近くに拡幅されているようだ

本町上の段休憩所

安倍晴明を祀った清明社とまつり会館


木曾路らしい出梁造りの家並みが続く

出梁造りで家屋の両端に袖壁が設えられている造りのレストラン


軒先の鼻隠し板と軒下の縦密格子がゆかしい

大正・昭和レトロなガラス戸の店舗古民家

軒を連ねる木曾路の古民家


出梁や出格子窓の造りがよく見えるアングル

街道はふたたび直角近くに屈曲して八沢川の谷間へ下る

ふたたび直角近くの曲がり角。正面は雑貨屋キソキソ。

古い井戸が辻脇にある。右手が八沢川の谷。


八沢川に架かる中八沢橋を渡ると、中山道はふたたび直角に右折して西進する

  「信州街あるき」ホームに戻る | 次のページに進む(未公開) |