本文へスキップ
長野県小県郡青木村
 
 
青木村の大法寺を探訪  

  小県郡青木村は、上田市街からほぼ10キロメートルほど西にある。
  別所温泉や塩田の北西に位置し、夫神山から東に延びる尾根の丘を越えたところにある。この村の東端、上田平の西の端の山裾に天台宗の大法寺がある。国宝三重塔と十一面観音像で知られている山寺だ。
  5月半ばに訪ねたときには、ウグイスが盛んに鳴いていた。

梅林から望む三重塔

▲梅花がほころび始めた頃の風景▲ 
  標高が高い山中なので、この村では春の訪れが遅い。梅や桜、レンギョウなどの花がだいたい同時に咲き始める。
  大法寺は、南向きの斜面にある。寺の周囲の木々の花は一斉に咲き始める。うららかな春の陽射しを浴びながら塔を眺めるのは、ことのほか楽しみだ。時がゆったりと過ぎていく。
  向こうの丘(尾根)を越えれば、別所だ。

■上田盆地の西の端■

  小県郡青木村にある大法寺は、信濃国分寺のほぼ真西に位置しています。そして、この2つの仏塔は「姉妹」ともいえる関係にあるのです。
  しかも、別所温泉の安楽寺の八角三重塔は、大法寺のほぼ真南に位置しています。

  上田から国道143号線(松本海道)に沿って西に進み、青木村に入ったとたんに出会う辻を右折すると、ひときわ高い子檀嶺岳こまゆみだけが見えてきます。そして、大法寺への道の案内板が立っています。
  上田盆地の西の端が青木村の東端をなしていて、村域のほとんどは山地です。標高が低いところでも、700メートルを超えていて、周囲をさらに高い山岳で囲まれています。

  大法寺は、青木村の東の端、上田市との境界付近にあります。

     *     *     *

  上田盆地に三重塔が4つもあるというのは、驚くべきことではないでしょうか。しかも、南北5キロメートル、東西11キロメートルという範囲のうちなのです。
  ということは、ちょっぴり慌ただしくなりますが、この4つの三重塔を1日で巡礼することもできるのです。

◆参道脇の羅漢様たち◆

  さて、大法寺の観音堂と三重塔は、山裾の集落を通り抜けてきた参道から石段を少し登った場所にあります。その手前(参道の東脇)には、かやの老大樹があって、大きな日陰をつくっています。

  参道の傍らには、多数の石の羅漢像が並んでいます。春の陽射しを浴びて、心なしか羅漢様たちの表情は柔らかく見えます。

  羅漢様の列が途絶えたところに、青木村郷土美術館の入口があります【写真下】。

  ところで、参道をそのまま登っていくと、東昌寺(上田市)に行くことができます。

◆急な斜面に建つ三重塔◆

  参道は傾斜のきつい坂道で、急いで歩くと息が切れそうになります。
  ところが観音堂は、参道からさらに急な石段を登ったところにあります。しかも三重塔は、さらにきつい傾斜の山腹を切り開いて建てられたようです。
  観音堂と三重塔は、両側を谷に挟まれた尾根筋にあります。

  三重塔をやや遠景で撮影するために、参道の西側の棚田の畔に登ってみました。
  おりしも桜の花が満開になっていて、境内の桜の花枝越しに塔の先端が見えます。
  塔の背後に迫っているのは、飯縄山の尾根筋の脇隆起でしょう。
  いかにも山寺という風情です。

子檀嶺岳 大法寺の北西にそびえる子檀嶺岳こまゆみだけ
急傾斜の参道 観音堂・三重塔に導く参道
榧の老大樹 大法寺の大榧おおかや(村指定文化財)
左の石段を登ると観音堂へ
参道をさらに登ると東昌寺に行き着く
羅漢様の列 参道脇には羅漢様の列
花に囲まれた三重塔 ちょうど桜の満開時に探訪した

次の記事を読む

 
上田地方 とっておき情報

天平時代の信濃国分寺の復元

  • 上田市信濃国分寺資料館所蔵の復元模型です。
  • 驚き! 1200年前にこれほど壮大な建築物群があった。

国分寺界隈 街歩き絵地図

  • 国分寺界隈の街歩きに役立つ絵地図です。
  • タウンウォッチングにも役立ちます。

塩田平全体の絵地図

  • 上田市西部の観光名所をご案内。
  • 街歩きのガイドになります。

上田市街地の絵地図

  • 上田市中心部や市街地の絵地図。
  • 上田城や国分寺へのアクセスがわかる。
信州まちあるき

別所温泉と塩田平

別所温泉と塩田平を特集

木曾路をめぐる旅

妻籠と馬籠を特集

奈良井まちあるき

木曾路・奈良井宿を特集

  • 木曽路、奈良井の歴史散歩
  • 街並み景観見て歩き
  • フォトギャラリー など