◆松川と平川を越える道中◆

  白馬村の塩の道歩き、今回は塩島集落の西にある森上から南西に向かって歩き、松川を越え、さらに平川を越えて飯森まであるきます。森上から松川河畔までは、国道433号に沿って進むことになります。


清冽な水が激しく流れる松川と背景の白馬連峰。こんな急な流れでも船で渡ったのか、往時には「渡し場」があったという。この松川の写真では、手前に河床にコンクリートで補強された土台のような人工的な構築物跡が見える。水流を分けての勢いを抑えるものなのか、橋脚の土台遺構なのか、それとも往時の渡し場遺構にかかわるものなのか。

◆今回、歩きの旅でめぐるコースの地図◆


▲街道沿いで唯一残されている茅葺(金属板を被せてある)古民家

▲県道の風景: 森上駅方面を振り返る

▲安曇野の大棟造りを模した造りの住宅

▲彼方の谷は野平:森上とは松川、姫川を挟んだ対岸の山間



▲松川河畔の河岸段丘上にある藤森酒店

▲この段丘の下に松川の渡し場があったそうだ

▲往時の渡し場付近の川の様子:背景は八方尾根スキー場(八方山)


▲松川の南岸の田園地帯: 往時の街道はこの農道のようだったかも

▲ソバ畑: 東の彼方には高戸山が雲に覆われている

▲平川八幡神社(右手)の前を通る塩の道

▲街道脇の大鳥居: 奥に拝殿が見える

▲平川八幡の境内と拝殿。左端護国神社の社殿

▲拝殿(左端)の奥の本殿(中央)

◆森上集落の街並み◆

  塩の道は塩島新田宿から塩島村まで南東に進み、そこで鋭角に西に曲がって森上の集落を通って南西に向かうことになります。おそらくこの街道を拡幅することで県道433号が建設されたものと思われます(森上交差点まで)。


  塩の道は、森上の集落内でも幅がせいぜい2間ほどだったようだ

  上の写真は、JR大糸線信濃森上駅の南を通っている県道433号で、古民家の脇を取っている場面です。このあたりが森上の街のほぼ中心部です。
  森上は、街道沿いの農村集落がそのまま成長した街で、中心部を除くと、街道に沿って両側に一列だけ家の列が並んでいるだけで、江戸末期の村の形をそのまま残しているものと見られます。


  家並みは道の両側にほぼ一列だけ<

◆松川河畔 渡河は松川の渡しで◆

  県道433号は森上交差点で国道148号に合流します。国道の反対側から勝川河畔の道が西に延びていますが、これは塩の道ではないでしょう。
  塩の道は、この交差点よりも南、松川の縁まで進んで、そこから河岸段丘崖の上を西に数百メートル進んだところで、渡し船で渡河するか、浅いところを渡渉して対岸にいたったものと考えられます。
  しかし、それにしても写真が示すとおり、松川は白馬連峰の降水を集めて激しく流れ下る急流です。だから、水深がきわめて浅く、岩石が転がり水面に突き出しています。船で渡れたのでしょうか。
  あるいは、渡し場のところだけ、河床の石をどかして流れの緩やかな流れを人為的につくったのかもしれません。
  とはいえ、往時の土木技術では大雨や雪解けなどでの増水のたびに河床の岩石は動いて川底の形状が変わってしまうので、そのつど河床の修復作業が必要になったはずです。それとも、ところどころに石を集めて積み上げて、飛び石のようにして、そこに丸太を架けて桟橋をつくって渡ったのでしょうか。




◆平川八幡神社とその界隈◆

  松川を南に渡ると、そこから平川流域までが往時、平川村と呼ばれた区域だということです。その村の鎮守社が平川八幡宮神社で、塩の道はその脇を通り抜けていきます。
  松川の渡し場を越えると、千国街道は平川村に入ります。今では、松川南岸の堤防護岸林と稲作主体の田園地帯が広がっていて、そこを過ぎると平川八幡宮を中心とした集落となります。


神社前から南の街道風景

神社から北の街道(右手が白馬北小学校で奥が白馬高校)

街道脇の庚申塔: その奥が八幡社

  この辺りは、IR大糸線を挟んで大出と反対側に位置しています。街道は小さく曲がりくねりながら、国道148号や大糸線とだいたい平行に続いています。
  江戸時代にはこの辺は原生林におおわれていて、ところどころに地井さん集落と水田が開かれていたものと想像できます。この一帯の農村開拓が始まったのは明治時代に入ってからのようです。したがって、江戸時代にはここには神社がなかったのではないでしょうか。
  一帯の本格的な開拓開始とともに、村の鎮守として八幡群を勧請してこの神社が創建されたものと推察されます。


広い境内には草原が広がる


▲薬師の湯: ここには薬師堂と足湯温泉、石仏群などがある

▲温泉足湯 水路のような造りになっている


小さな薬師堂

◆薬師の湯、薬師堂と石仏群◆

  塩の道を平川八幡宮から南に500メートルほど進むと、道の東側に「足湯 薬師の湯」という小さな石碑が立っています。こじんまりした公園になっていて、小ぶりな薬師堂の傍らに足湯の水路があります。
  塩の道沿いには、小さな薬師堂があちらこちらにあります。ここにも由緒や歴史が不明の薬師堂があります。そして、広場の東端の花壇のなかに石仏・石碑群が置かれています。まさに塩の道は「祈りの道」なのです。
  この広場から西に1キロメートルほどのところに八方温泉郷があるのですが、そこから温泉を引いて広場を流れる水路のように足湯を設えてあります。


大日如来、千手観音、馬頭観音、二十三夜塔などが並ぶ

コスモスやマリーゴールドなどの草花が咲いている


街道脇の古民家: 屋敷森のような防風林が敷地を囲んでいる

街道のいたるところに郷愁を誘う樹林帯がある

茅葺きを覆うトタン屋根が雨に濡れて光っている

塩の道は田園に囲まれた「みそらの」の集落を次々に通り抜けていく

▲空峠庚申塚は五差路の辻にある

▲桜の老樹の根方に密集する石仏群

▲数えきれないほどの石仏、石塔、石碑が四辺形に並んでいる

▲木陰にはほどよく短い草と苔が密生している

◆空峠庚申塚石仏群◆

  ところで、この辺りから南ないし南西の地区には深空野(みそらの)という風雅な名前がつけられています。たしかに山に囲まれた高原(標高750〜800メートル)で、空が高く見えるところです。松沢川の峡谷から南の大町市仁科湖群に向かって緩やかにのぼっている道筋です。
  塩の道の傍らにある空峠庚申塚は五差路の辻にあります。庚申塚は村落の境界につくられたそうです。村落に出入りする者たちの災厄を払うためなのだとか。この庚申塚には60基近い数の石仏や石塔が集められています。庚申塔、双体道祖神、馬頭観音、大日如来、如意輪漢音、二十三夜供養塔、大乗妙典塔など種類も多様です。
  庚申とは「かのえさる」を意味し、干支に合わせて60年に一度訪れる年回りいうことで、60年ごとに祭事を催し石塔や石仏を奉納するのだとか。しかし、年回りに関係なく「かのえさる」の日に催すこともあるとか。

  庚申講は中国伝来の民衆信仰の集まりで、もともとは人の身中に住む虫がその人の毎日の行いをすべてわきまえていて、庚申の日に対外に出て帝釈天にその人の悪行や罪業を密告するのを防ぐための祈り、あるいはなだめの場だったそうです。
  ということは、人びとが日々の行いや営みを反省しての祈りの場だったようですが、日本ではやがて虫封じ――害獣、害獣、害鳥などの退散――とか災厄除けの行事になったのでしょうか。


▲深空神社の参道入り口 神明宮風の大鳥居

▲杉木立の奥に神楽殿(右)と拝殿

▲神楽殿は境内の北端にある




▲山麓の広大な森のなかに別荘やペンションが点在する

▲軽井沢ほど知名度はないが、親しみやすいリゾート地だ

▲平川を渡りって森を抜けると水田地帯。背後には白馬五竜=47スキー場

深空みそら神明宮探訪◆

  取材中に雨が降り出しました。
  石仏群から90メートルほど南で塩の道は県道322号に合流します。すると、県道の西脇に神社が見えます。深空みそら神社です。
  境内には神社の創建とか由緒に関する説明はありません。行き当たりばったりで訪れた私の手許にも史料はありません。今は私の印象を記すしかありません。


拝殿奥の本殿: 千木はないが形は神明宮式の風貌

  取材中に雨が降り出しました。
  大鳥居の形状からは神明宮様式の神社であろうことがわかります。拝殿奥の本殿も、屋根に千木はありませんが直線的な形で、やはり神明宮様式です。
  してみると、今残されているのは、明治以降、「みそらの」の郷社として尊崇されてきた社殿を受け継いだものと推察できます。

◆白馬村山麓別荘地◆

  深空神社の背後には唐松岳と遠見山の巨大な尾根から続く広大な山林が迫っています。2つの尾根に挟まれた谷を平川が流れ、広大なな扇状地を形成しています。この扇状地を、川を挟むように、扇の要から半径2キロメートル、中心角60°ほどの扇形状に森が覆っています。
  この山麓の森は白馬別荘地と呼ばれているようです。軽井沢がクマザサの草原荒蕪地に植林して別荘地の森を育成したのに対して、ここはアカマツ樹林やミズナラなどの落葉広葉樹林からなる原生林を部分的に切り開いて形成した別荘・リゾート地です。


森のなかの道はだいたい舗装されていて歩きやすい

  県道322号は平川を渡ると、姫川河畔に向かって大きく東に曲がっていきます。そこで森を抜けるのですが、私は県道から逸れて南に向かう農道に入りました。おそらくこれが、かつての塩の道の遺構です。道の行く手に飯森神社の鎮守の杜と飯森の集落が見えてきました。


穂が実り始めた稲田の向こうに飯森の街が見えてきた

道の右に見えるのが飯森神社の鎮守の杜

◆飯森集落へ◆

  別荘地の森を出ると、視界が一気に開けます。広大な水田地帯が広がり、その奥(西側)に迫るのは遠見山の尾根群で、その中腹に五竜スキー場、47スキー場があります。
  その麓に広がるのが飯森集落で、今ではスキーリゾート地の街ですが、もともとは塩の道の有力な宿場街で、中世の城下町の遺構の上につくられた歴史が薫るところなのです。
  実り始めた稲穂の絨毯の上を雨上がりの風が通り過ぎていきます。稲穂が波のようにうねって揺れます。これが「風の足跡」なのですね。

前のページに戻る || 次のページへ |