本文へスキップ
長野県大町市
 
  信州大町市の東山山麓を千国街道が南北にはしっています。千国街道は越後の糸魚川と信濃の塩尻を結ぶ街道で、日本海産の塩を内陸に運ぶ道なので「塩の道」とも呼ばれています。
  山裾の田園地帯を往く街道からは、大町市街とその背後に迫る北アルプスの連峰を一望することができます。
  写真:晩秋の千国街道沿いの桜並木とリンゴ園

 
塩の道を歩く

  千国街道は信州に入ると姫川を遡行して南下します。この街道は小谷村、白馬村を経て大町市に入り、大町街道と交わった後、霊松寺山の西麓の田園地帯をさらに南下していきます。田園のなかを雄大な風景を眺めることができるこの小径は、ジョギングやウォーキング、サイクリングで人気のコースです。
  今回は、大町街道を過ぎた辺りから南に向かって歩きました。


▲大町山岳博物館付近からの大町市街の眺望

▲早春の北アルプス:左から針ノ木岳、蓮華岳、鳴沢岳、爺ケ岳、鹿島槍ケ岳

■大町と千国街道の地理■


▲厳冬期の青木湖


▲千国街道の道標

  雄大で美しい千国街道からの大町の風景を理解するために、この辺りの地理を説明しておきましょう。
  大町市の北端に青木湖や木崎湖がありますが、この辺りが北安曇の盆地で最も標高が高い地点です。ここで北に流れ下る水は姫川に合流して糸魚川で日本海に注ぎ込みます。一方、南に流れ下る水は農具川などとして南下して高瀬川に合流し、犀川・千曲川・信濃川となります。
  高瀬川が槍ケ岳の北斜面を北流し、さらに後立山連峰東斜面の降水を集めて東に転流して大町市に流れ込み――上水内~筑摩に連なる山脈にぶつかり――南転して犀川に合流します。
  というわけで、膨大な水量が安曇野北部に流れ込み長い年月にわたって浸食作用と堆積作用を繰り返してきました。大町市には広大な谷間に複合扇状地が形成されました。


▲千国街道沿いのリンゴ園

  さて、千国街道は小谷村、白馬村を経て青木湖や木崎湖の畔を抜け大町市の東山の裾野に出てきます。今回歩いたところは霊松寺山の西麓です。ここは、山麓の河岸段丘上の高台で、そこから東山の斜面が始まるところです。
  したがって、千国街道の西には大町市街とその背後の北アルプス連峰の大パノラマが展開していて、街道を歩くときには素晴らしい風景を眺めることができるわけです。
  千国街道は、昭和期から長らく農道として利用されてきたもので、舗装されていますが、クルマの対面交通はできない狭い小径です。近年になって、山麓の田園地帯を往く遊歩コースとして注目され、整備されてきているようです。歩いたり走ったりするには向いていますが、ドライヴには不向きな道です。

  というしだいで、山岳風景や並木道、田園……そういう美しい風景を楽しみに多くの近隣住民たちが散歩やジョッギングなどにやって来ます。


▲市街が間近まで広がっている

  今回訪れたのは11月の上旬で、季節は晩秋から初冬へ移ろう頃で、街道沿いの桜並木の紅葉はすでに散り始めてから数日たっていました。春には、街道を歩きながらの花見の名所となるのでしょう。
  街道沿いの農耕地ではリンゴを除いて収穫期を終えています。寒冷気候に強いリンゴの木は、まだ緑の葉を残しています。リンゴ園では、例年、フジが11月半ばから12月はじめにかけて収穫されています。収穫間近のフジの実は赤くなっていました。


▲山裾の市民の森公園
▲落ち葉を踏んで散策するのも楽しい

▲公園から市街地を眺める

  リンゴ園を過ぎると街道の東側は山林地帯になりますが、そのなかに「市民の森公園」があります。山腹から山麓にかけての斜面の一角に芝の広場と叢林が整備されています。斜面は西向きで、公園から大町市街を見おろすことができます。

  その近くの住宅では、老夫婦が収穫したばかりの大豆を材料にして味噌の仕込みをおこなっていました。香ばしい匂いが辺りに立ち込めていますが、信州の晩秋の懐かしい風情です。


▲収穫した大豆で味噌の仕込みをしている老夫婦


この先で林を抜けると大町街道と出会う

200メートルほど杉林のなかを往く

林の出口で北を振り返る

杉林を抜けるとリンゴ園を中心とした畑作地に出る

霊松寺山の裾野の広大な果樹園

千国街道の桜並木:晩秋の紅葉

リンゴ園と紅葉の桜並木が好対照

市街の背景は鍬ノ峰山。右の谷間に高瀬川が流れる

落葉も美しい。背景は高瀬渓谷。

市街地の背後に後立山連峰の山麓

連勝地山の裾野には別荘風の住宅が並ぶ

冬の訪れが間もないことを告げる桜並木の様子

市民の森公園の晩秋の風情

クヌギやミズナラは紅葉季を過ぎて落葉が始まった

街道沿いの樹林の紅葉

樹林のなかの別荘

 
中山道を学び体験しよう

長久保宿街歩き絵地図

  • 長久保宿の街歩きを案内します。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

旅籠「辰野屋」の家屋

  • 長久保宿辰野屋の町屋としての造りを探ります。
  • 町屋としてのつくり込みは中山道随一。

竪町の町屋資料館

  • 竪町で修復され資料館として公開されている町屋を探訪。
  • 内部の様子と展示資料を一瞥。

下和田めぐり絵地図

  • 和田宿から長久保宿までの道筋を案内。
  • 下和田めぐりを案内する絵地図です。

和田宿街歩き絵地図

  • 和田宿の中心部を詳しく案内。
  • 宿駅の前後の街歩きも案内。

和田宿の歴史絵地図

  • 中世城下町の時代からの変遷を説明。
  • 宿駅の発展の痕跡を訪ねる。

和田峠トレッキング案内絵地図

  • 和田峠めぐりするための絵地図。
  • 峠の史跡や名所をガイド。

和田宿近隣散策

  • 和田駅ステーションから
  • 和田宿温泉ふれあいの湯まで

中山道の歴史

  • 中山道に即して中山道の歴史を説明。
  • 幕藩体制と街道・宿駅との関係を考える。

中山道の町家造りの説明

  • 中山道宿場の町家造りの仕組みの解説です。
  • 街並み探索がもっと楽しくなります。

木曾路の絵地図

  • 木曾路のすべての宿駅を表示した絵地図です。
  • 木曾路一帯の名所や観光施設の案内に役立ちます。

中山道の絵地図

  • 京と江戸を結ぶ中山道(木曾街道)の絵地図です。
  • 東海道や日光街道、甲州街道、北国街道との連絡を図解。
のんびり写真館

街歩き写真館

木曾路・奈良井の心に残る風景写真を特集

  • 街並み景観、風物
          フォトギャラリー
  • 木曾路・奈良井散策

奈良井まちあるき

小布施まちあるき

別所温泉まちあるき

塩田平をめぐる旅

◆ブログ風の記事案内を見る

||  次の記事に進む  |