信濃の街道 北国街道

  北国街道松代道は、北国街道の脇往還のなかで最も短い経路です。
  松代は古代から開けた集落があって、近隣の尾根には古墳があります。とはいえ、暴れ川の千曲川は、増水や氾濫のたびに流路を大きく変えくねらせて、松代町の東端の山麓から川中島南部まで水害をおよぼしていました。したがって、古代に開けたのは山麓や山間部でした。保基谷岳山系や地蔵峠などから発する渓流群は、山麓に西向きの広大な扇状地を形成しました。緩やかな斜面が千曲川まで続いています。
  古気象の研究によれば、室町時代から寒冷期が始まるとともに乾燥化が進行して、松代の扇状地と川中島には湿原のなかに丘陵台地の島々が数多く浮かぶようになったようです。
  両陣営は、善光寺平の北部で対決するために長沼から松代にいたる地帯の千曲川沿いに軍道を構築しました。そして、この軍道は、平時には交易と物流の幹線となっていきました。これが、北国街道松代道の土台となったようです。

■信濃の古街道■

  下に掲げた絵地図は、1450〜1650年の善光寺平の水系古地理(推定)と北国街道の経路を説明するものです。
  川中島では犀川が流れる北西端と南西端とのあいだの高低差は30メートル以上もありました。ダムも堤防なかった時代、北アルプスや中央アルプス、美ケ原のなど中央高原から流れ下る膨大な水量を集めて流れる犀川から、溢れ出した水流は何百もの経路で奔放に千曲川まで注ぎ込んでいきました。
  15世紀には乾燥が進んだものの、川中島は広大な沼沢地帯・湿地にあまたの堆積丘陵が島となって浮かんでいました。松代藩が千曲川や犀川やその支流群の流路を変えて農業用水路を建設するまでは、善光寺西街道を除いて、千曲川西岸の川中島を陸路で北上する街道の建設は困難でした。
  そこで、軍略上ならびに通商上の拠点を結ぶ脇街道は、屋代から松代を経て福島ないし村山で渡河して長沼を経由する道筋と、同じく福島から盆地東端の山麓を北上して須坂、飯山、越後に向かう道筋が形成されたのです。
  なかでも長沼は、善光寺道、松代道、谷街道、大笹街道との――千曲川の舟運も利用できる――結節地にあって、物流の拠点となって殷賑をきわめたようです。

■江戸時代初期の街道と千曲川水系■

参考 松代城跡の地図